脳梗塞・心筋梗塞の完全予防法

身体8カ所の血管エコーを受けて欲しい人

(2013年10月13日 改訂)

1)32歳以上の全ての男女

*****特に*******

2)食習慣で、揚げ物、肉、お菓子(ケーキ)類、---どれか一つでも大好きな(だった)人・・私の食習慣アンケート点数(私の著書:幻冬舎に掲載)で、>250点の人。
3)他人と比較してアルコールを多く飲んでいた(いる)人
4)パン食(1日1食以上)を10年以上続けたことがある(続けている)人
5)糖分入りの飲料水(ジュース・缶コーヒーなど)を週に3回以上も飲んでいる人。
6)毎日、糖分入り飴を1個以上は食べる人。
7)50歳以上で、牛乳1回100cc 以上を週に2回以上飲んでいる人。
(ただし、昔から肉嫌い・揚げ物嫌いの方を除く)
8)兄弟(姉妹)または夫(妻)あるいは従兄弟(従姉妹)が
脳梗塞・心筋梗塞・心(冠動脈)ステント治療・冠動脈バイパス手術・大動脈瘤・くも膜下出血・睡眠時無呼吸症候群(SAS)・加齢黄斑変性・認知症・・などの病気になっている人 (食習慣が祖父母から伝わり、同様・類似だから)
9)朝または夜間(就寝時・トイレ起床時など)のふらつき(めまい・フラー感)が、たまに:時々ある人 (頭部MRIで異常なくても・メニエル診断でも)
10)坂道・階段で息切れを感じるようになった人
11)胸の圧迫感(締めつけ感)を時に自覚する人
12)少し歩くと足が痛い人・足のしびれや冷感がある人
13)睡眠時無呼吸症候群(SAS)と言われている人
14)40歳以上になって“血圧”が高くなってきた人
15)50歳以上になって“いびき”がひどくなった人
16)50歳以上になって“クレアチニン値(腎機能)が高め”になった人
17)50歳以上になって“うつ病(うつ傾向)”になった人
18)50歳以上になって“自律神経失調症”になった人
19)50歳以上になって“肩こり”しだした人。
20)50歳以上になって“頭痛もち”になった人
21)50歳以上になって“ものが二重に見える”(眼筋麻痺)になった人
22)50歳以上になって“顔面神経麻痺”になった人
23)50歳以上になって“冬の寝汗”をかくようになった人
24)50歳以上になって“動悸”を感じるようになった人
25)50歳以上になって“不整脈または心房細動”といわれた人
26)眼科で加齢黄斑変性と言われている人
27)脳梗塞(無症状の脳梗塞:一過性脳虚血性発作を含む)になった人
28)心筋梗塞・冠動脈の治療を受けた人
29)大腸ガンになった人
30)大腸ポリープ切除術・・受けた人
31)前立腺ガンになった人
32)前立腺ガンの数値(PSA)が高い人
33)脂肪肝でGOT(AST)・GPT(ALT)が高い人。
34)糖尿病の人(頸動脈エコーを受けている人も受けてない人も)
35)糖尿病や肥満で「糖質制限食」を6ヶ月以上も続けている方。
36)高血圧の人(特に数年ごとに薬が増えている人=直実に血管の脂汚れ進行)
37)脊柱管狭窄症の人
38)LDL/HDL(L/H比)が 2.3以上の人(2.3以下でも安心禁物)
39)中性脂肪(TG)が高い人(低くても安心してはいけない)
40)50歳以上になっても「牛乳で作ったヨーグルト」を週に2〜3回以上、または毎日食べて(飲んで)いる人・・豆乳ヨーグルトはむしろお勧め食品

1日で2〜3食同じ食事をしている夫婦の場合、夫(妻)が脳梗塞・心筋梗塞で倒れたり、あるいはその直前の状態で治療を受けたりしていると、数ヶ月〜数年以内に妻(夫)も同様な病で倒れるケースが極めて高いです。そして40歳以上になったその子供達も危険。

コメント:動脈硬化は塩分以外の食習慣が主な原因です。祖父(祖母)の食習慣が家族に引き継がれますので、食習慣を家族で変更すれば、本人のみならず、孫・ひ孫・・の運命まで改善します。「不幸は口から忍び寄る」・・アルコール・脂の多い肉類・お菓子類・揚げ物や油炒め食品・乳製品・・・などの「血管に良くない食べ物を元気に食べ続けた人達が倒れ、病院通いし、寝たきり、認知症ではありませんか?・・本人は何で?自分が?・と思われている事でしょう
でも“不幸のタネ”は日頃から、全く知らないで(目先の情報に惑わされ)自分で撒いているのです。気の毒でなりません。・・・仕事が出来る(パソコンを使える)のは脳梗塞を起こすまで・・・

なるべく早めに・・「未来の検査」的な・・魔法のような「8カ所の血管エコー」を受けられるようにお勧め致します。

このサイトは脳梗塞が直前の人への・・切れない「蜘蛛の糸」です・・
(脳梗塞・心筋梗塞を高精度で予見し、確実に予防できるのですが)

「脳梗塞・心筋梗塞の完全予防法」目次へ戻る

Dr.真島康雄のバラの診察室

携帯版のご案内

お知らせ

リンクページ