脳梗塞・心筋梗塞の完全予防法

頸動脈などの血管プラークの治療。--プラークを減らした写真集--

頸動脈プラークなどの動脈硬化を確実に治せる・・という証拠である血管エコー写真を公開します。
スタチン剤は、2010年以降は基本的に使用していないことをご理解いただいて、エコー写真と採血データをご覧下さい。

プラークを減らしたい人、脳梗塞・心筋梗塞の再発を回避したい人、認知症になりたくない人の励みになれば幸いです。

注)物理学の法則に従って、プラークが改善すると動脈の外径が縮小します。
**拡大率は同じです**=>脳血管にプラークが溜まると、脳細胞は圧迫される

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

以下2015/7/21:追記

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

以下2015年10月13日:追記

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

T-maxと動脈硬化関連疾患との関係(3):45歳以上で検討

 

以下2016/2/22:追記

 

 

以下 2016年7月11日症例追加

 

 

以下 2016年11月28日症例追加

 

 

 

以下 2017年8月28日症例追加

 

 

これらの症例は、当院の患者さんの実例であり、最近ではEPA製剤 & 当院の「RAP食」でプラークが改善しない症例は記憶にありませんし・・過去の症例でプラークが悪化するにはそれなりの原因があり、その都度解決してきました。
スタチン剤(:クレストール、リピトール、リバロ、リポバス、ローコール、メバロチン、◯△スタチン、■▲スタチン、△◇スタチン、など)は服用しない方が、明らかにプラークは治りやすいです。
(動脈硬化の未来塾:52) (動脈硬化の未来塾:68)

今までで最もプラーク改善が顕著だった症例は、スタチン剤を中止した症例でした。(「動脈硬化改善」で検索を)

担当の先生へは・・スタチン剤を中止していただき、EPAへの変更をお願いしましょう。スタチン剤とEPAを併用で飲む必要は全くありません。

なお、上記の症例の人達は、ほとんどの症状が改善または消失し、大変喜ばれています。
注)プラークが改善している症例が2017年8月28日時点で999名です。(改善の基準は当サイトに掲載)
(症例は随時追加予定)

10年の歳月を費やして・・・・・・
治療困難であった動脈硬化という暗黒星雲みたいな病気に対しての、確かな予防・治療方法を開発できたという証明・・・・・が、上記の経時的な血管エコー写真なのです。

倒れる前になるべく早く、御自身の8ヶ所の血管プラークを目で見ることが出来れば・・・、それは幸運と思えるに違いありません。

年を重ねても・・明るい希望のある未来が約束されることでしょう。

2014年5月掲載
2014年10月追記
2015年2月追記
2015年7月追記
2015年10月追記
2016年2月追記
2016年7月追記
2016年11月28日追記
2017年8月28日追記

 

「脳梗塞・心筋梗塞の完全予防法」目次へ戻る

Dr.真島康雄のバラの診察室

携帯版のご案内

お知らせ

リンクページ