脳梗塞・心筋梗塞の完全予防法

ココナッツオイル・エゴマオイル・亜麻仁油(アマニ油)などの常用は血管プラークを悪化させる危険あり。

各種のメディアにて盛んにココナッツオイル・亜麻仁油・エゴマオイル・米油・オリーブ油・等々・・がいいとか・・・オイルの成分の効能を根拠に・・「身体にいい」と・・結論付けされていますが・・本当に健康に・・からだに・・いいのでしょうか?

実例を呈示しますので、植物油が健康にいいかどうか・・御自身で判断してください。

症例1

RAP食(当サイトに記載済み)の基本はノンオイル・ノン乳製品・他です。

症例2

食事指導でもオイル使用を3ヶ月間も止めなかった方ですが、他の指導は守れてもプラークの改善はなく、ノンオイルにした途端に・・血管プラークが改善し始めました。

症例3

RAP食でプラークが確実に改善中でしたが・・テレビの影響でエゴマ油・ココナッツオイルを料理に使い始めたら・・頸動脈プラークが悪化しました。

症例4

RAP食でプラーク改善していましたが・・ココナッツオイル使用と・・牛乳で作ったヨーグルトのためと思われますが・・頸動脈プラークが悪化しました。

症例5

普通食でオイル入りドレッシングを使用していて・・頸動脈プラークの悪化はありませんでしたが・・ノンオイルのドレッシングにしたら・・プラークが改善しました。

症例6

テレビで亜麻仁油が健康にいいと聞いたので・・1年以上も毎日、野菜にたっぷりかけて食べていた・・良くなっていると期待したのに・・冠動脈50%狭窄が・・悲しいかな・・60%狭窄に悪化していた。

考察:
「健康にいい」とはどういう事でしょう?・・考えたことありますか?
ほとんどの健康にいい・・は、「血管プラーク」の観点からの発言ではありません。その領域はまだ・・特に人間では詳しく検討されていません。

1) 血管はしなやかになっても・・血管の内側に脂汚れである・・プラークが溜まっては・・健康被害が出ます。
2) 血液がサラサラになっても・・プラークが溜まるような食品なら・・意味がありません。

**和洋女子大学紀要第37集(家政系編)の研究で興味深い実験があります。・・

「EPA・DHAの血小板凝集能を調べるために、対象としてオリーブ油を20g/日服用させて実験したもの」ですが・・興味ある結果として・・

結果:オリーブ油を飲みながらの1週間・2週間目においても・・血小板凝集能は亢進していた

・・つまり・・オリーブ油を毎日多めに摂取すると・・「血液はドロドロに傾く」のです。

同じく、和洋女子大学紀要第36集(家政系編)の研究・・(シソ油)(備考:エゴマはシソ科の植物)での同様の実験では・・シソ油は血小板凝固能低下・・出血時間延長・・つまり・・シソ油の食用で・・確かに血液はサラサラ状態になります。

ただし・・サラサラになったとしても・・血管プラークが溜まっては・・逆に健康には悪いと言わざるを得ません。

海外論文では・・このような「実際の人間に油を飲用させての研究」は少なく、例えば「オリーブ油からの抽出物質に血液サラサラ作用がある」・・などの研究であるとか・・上記の様な実際にオリーブ油を飲ませての実験には説得力があります。

プラークとシソ油との更なる研究が必要です。

ただし、血液サラサラ目的なら・・医療薬の EPAやDHAで充分でしょう。
なにもシソ油やタマネギなどに頼る必要はないのです。

さらに、プラークを溜めないなら・溜まっていないなら・・ですが・血液をサラサラにする必要など・・全くありません。

つまり・・プラークが溜まらないような食習慣が・・血液をサラサラにする食習慣よりも・・何倍も大切と思われます。

その方が・・社会的・個人的な医療コストも軽減するでしょう。

(動脈硬化が悪くなる・・良くならない・・を前提に健康を考えている学者が多いので・・血液サラサラが大きな研究課題になるのでしょうね・・不思議です)

ココナッツを生でかじる・エゴマの葉を食べる・ゴマを普通に食べる・オリーブをかじる・・これらは全く問題ありません。

結論:
脳梗塞や心筋梗塞後などの患者さん・認知症の気配がある人は特に・・ココナッツオイル・エゴマ油・亜麻仁油・米油・オリーブ油など・・あらゆる植物油に関して・・生で摂取・調理で摂取して・・身体に・・脳に・・いい事している・・などと、決して思ってはいけません。テレビで言っても、新聞に出ていても・・です。

特に脳の「脳細胞」は酸素供給が低下するので・・血管プラークを非常に嫌がります。

2015年9月14日 追記 症例追加

症例7

大動脈に2.3mm 大腿動脈に2.0mm 右鎖骨下動脈に1.9mm 頸動脈に1.6mmのmax IMT を認めましたが、プラーク観察ポイントとして上記のポイントを観察しています。RAP食にて頸動脈プラークは改善していたのですが・・

6ヶ月後には明らかにプラークの悪化を認めたので・・質問すると・・00が身体にいい!!とテレビで観て・・2014年9月から00xxドレッシングを使用とのこと・・・ここで00xxドレッシングを使わないように指導・・・・・

その6ヶ月後に・・更にプラークが悪化!!・・・ココナッツオイルなどを使っていないか質問・・・亜麻仁油を料理やドレッシングに使っていたとのこと。

私の指導より・・テレビの影響が大きいので困惑しています。

症例8

RAP食で順調にプラークが改善中・・・2013年から2015年2月まで・・。

半年後・・突然プラーク悪化!!(図)・・・亜麻仁油やココナッツオイルなどを使っていませんか?・・と・・質問。

やはり、テレビで健康にいいと・・??先生が勧めていたので・・6月から・・せっせと・・なるべく多く・・エゴマ油を使っていたとのこと。

このように・・・たまたまピックアップしている症例が普通に動脈硬化が改善している事実もご確認下さい。 RAP食を守れれば・・ですが。

2017年1月16日 追記・・その後 こんな症例も経験しました。
ココナッツオイルでプラーク悪化(動脈硬化の未来塾 63)
オリーブオイルでプラーク悪化(動脈硬化の未来塾 54)

「脳梗塞・心筋梗塞の完全予防法」目次へ戻る

Dr.真島康雄のバラの診察室

携帯版のご案内

お知らせ

リンクページ