脳梗塞・心筋梗塞の完全予防法

EPA・DHAサプリの常用で、頸動脈などのプラークが肥厚(進行)したと思われる3症例

今まで・・医学の常識を書き直す作業を続けてきましたが・・同列の未知の課題が残っていました・・・それは・・健康にとって・・誰もが好ましいと考えている・・「EPAサプリに関して」・・です。

EPA・DHAサプリでも動脈硬化が進行する場合があることを・・・・1年以上の内偵捜査の末に突き止めましたので・・写真を公表します。

症例1.46歳・男性  (上図)

現病歴:

  • 2015年4月 飲酒後ふらつき++ 脳梗塞+ 半身麻痺 リバロ(2)1T+プラビックス(75)1T開始
  • 2015年8月 リバロ(2)1T中止
  • 2015年8月当院初診  RAP食開始(プラビックス(75)1T中にてEPA開始なし)
    右大腿動脈IMT=2.56mm 左大腿動脈IMT=2.51mm 左頸動脈分岐部IMT=1.74mm
    EPA・DHAサプリメントの服用を開始 1日2粒(1日3粒が目安の商品)
  • 2015年10月 リバロ(1)1T再開
  • 2015年12月 RAP食にもかかわらずプラーク悪化・肥厚の進行(原因不明)
    右大腿動脈IMT=2.91mm 左大腿動脈IMT=2.66mm----プラーク悪化!
  • 2016年 6月
    右大腿動脈IMT=3.01mm 左大腿動脈IMT=2.98mm 左頸動脈分岐部IMT=2.39mm
        ----プラーク悪化!!
    EPA・DHAサプリメントの服用を中止
    リバロ(1)1T 中止
    追加として・・EPA製剤のエパデールS(600)2P,2x-開始………

    (備考:プラーク進行中であり、2回目の脳梗塞予防の為もあり、プラビックス(75)1Tは継続中ですが・・ 血小板が30万と多く・・抗血小板剤の追加としてEPA製剤を追加)

    RAP食を継続していて・・普通では考えられないプラークの悪化・・なので・・何か服用?
    と・・訪ねると・・「実は2015年8月の初診直後からEPA・DHA含有サプリを初診時から服用」とのこと。

    (備考:当院では当時、EPAサプリを推奨していましたが、症例2の経験などを踏まえて・・・2016年4月〜EPAサプリ推奨を取り下げました)
  • 2016年10月
    右大腿動脈IMT=2.71mm 左大腿動脈IMT=2.80mm 左頸動脈分岐部IMT=2.21mm
        ----プラーク改善(退縮)!!

結果:
1) RAP食を行いながらEPA・DHA含有サプリを服用していて・・プラーク悪化。
2) EPA・DHA含有サプリの服用を止めただけで・・プラークが改善。

考察:
1)本例の約1年間のプラーク悪化(動脈硬化進行)の原因は、EPA・DHA含有サプリの服用によるものと考えられる。

2)臨床経過から、スタチン剤を服用再開したためにプラークが悪化したかのようにも受け取れますが、現在までの多数例の経験から、スタチン剤併用でのプラーク改善困難例は経験しても、スタチン剤の影響で悪化した例は経験がありません。本例のプラーク悪化の根本原因は・・EPA・DHA含有サプリの常用と考えられます。


症例2.64歳・男性  (上図)

現病歴:

  • 2014年5月 心臓ドック CT:冠動脈75%狭窄+
  • 2014年7月初旬  プラビックス(75)1T+リバロ(1)1T開始

  • 2014年7月下旬 当院初診  RAP食 開始
      右頸動脈分岐部IMT=2.68mm 右大腿動脈IMT=2.04mm
        「立ちくらみ」あるために・・追加で:エパデールS(600)2,2x-開始
  • 2014年8月 EPA・DHA・アマニ油含有サプリ---4粒/日 開始
  • 2015年4月 リバロ(1)1T-中止
  • 2015年11月 右頸動脈分岐部IMT=1.33mm 右大腿動脈IMT=1.94mm プラーク改善!
  • 2016年3月  右頸動脈分岐部IMT=1.58mm 右大腿動脈IMT=2.00mm プラーク悪化!
        EPA・DHA・アマニ油含有サプリ---4粒/日 中止

  • 2016年11月  右頸動脈分岐部IMT=1.22mm 右大腿動脈IMT=1.79mm プラーク改善!

結果:
1) RAP食開始1ヶ月後からEPA・DHA・アマニ油含有サプリを服用・・・一旦改善したプラークが悪化したので・・
2) EPA・DHA・アマニ油含有サプリを止めたところ・・プラークが改善。
3)スタチン剤であるリバロを中止したにもかかわらず、頸動脈のプラークは良好に改善した

考察:
プラーク悪化(動脈硬化進行)の原因は、EPA・DHA含有サプリの服用によるものと考えられる。リバロを中止したからこそ、頸動脈プラークの改善は良好だったのかもしれない。


症例3

症例3.63歳・男性  (上図)

現病歴:

  • 2002年8月 高血圧にて内服開始
  • 2011年6月 高脂血症にてクレストール(2.5)1T開始
  • 2013年12月 脳ドック特に異常なし   頸動脈エコー:左頸動脈63%狭窄
         プラビックス(75)1T―開始
  • 2015年9月 当院初診  RAP食 開始
          左頸動脈分岐部IMT=2.70mm 右総頸動脈IMT=1.66mm
          Cr=1.16 (8月)
  • 2015年12月 クレストール(2.5)1T--中止
  • 2016年3月 左頸動脈分岐部IMT=2.66mm 右総頸動脈 IMT=1.58mm プラーク改善!
          Cr=1.12
  • 2016年5月 EPA・DHA含有サプリ開始
  • 2016年9月 左頸動脈分岐部IMT=2.96mm 右総頸動脈IMT=1.67mm プラーク悪化!
          Cr=1.20

結果:
1)RAP食開始にて改善していた血管プラークが、EPA・DHA含有サプリ開始にて悪化した。

2)プラークの改善に伴い改善した(Cr低下)腎機能が、プラークの悪化と同時に腎機能も悪化した(Cr上昇)
3)クレストールの中止にもかかわらず、プラークは改善した。

考察:
2015年9月から2016年9月まで・・食習慣の変化はなく、プラークの悪化の原因はEPA・DHA含有サプリの服用と思われる。

まとめ:
EPA・DHA含有サプリ(いわゆるフィッシュオイル・サプリ)の常用は頸動脈などのプラーク肥厚(動脈硬化)が進行する場合があり・・危険である

備考:
上記の3症例のEPA・DHAサプリのメーカーはいずれも異なります。他にも数例のEPA・DHA含有サプリがプラークを悪化させた可能性がある症例がありますが、メーカーは色々です。フィッシュオイルのサプリメントはEPA以外の雑多な魚油を多く含み、・・・脂たっぷりの青魚を頻回に食べて・・・プラークが悪化するという事実「動脈硬化の未来塾 (53)、 (45) 」と同じです・・・プラーク悪化を起こす可能性が極めて高く・・くれぐれもご注意下さい。

製品によっては植物由来のアマニ油などを混ぜており・・・エゴマ油や亜麻仁油・ココナッツオイル・オリーブ油の毎日摂取でプラークが悪化する(動脈硬化の未来塾 (48) (54) (63) )訳ですから・・そのようなサプリでの危険度は更に高まるでしょう。

EPA・DHA含有サプリではなくても・・健康にいいと言われているサプリでも・・米油・アマニ油・xx油・oo油・植物油脂などが原材料に含まれている品は敬遠下さい。多くの場合はソフトカプセル状になっています。

魚油のサプリを毎日服用してプラークが悪化する・・という話は・・今までの医学の常識に反する事実かと思われます。

また、EPAサプリを時々服用したことで・・プラークの改善を鈍くしたと思われる症例も存在します。
(ただし・・病院から頂くEPA製剤は、フィシュオイルからEPAだけを98%以上の純度で抽出していますので・・・EPA製剤でプラークが堆積する事実はありません)

EPAは、100g当たりの脂肪分が少ない魚にも含まれています・・通常は脂の少ない魚・小魚を時々食べていれば充分ですので・・EPA・DHA含有サプリは・・時々でも・・服用しない方が賢明です。

EPAは魚にもよりますが、魚油の3〜16%程度しか含まれていない成分です。
EPA・DHAサプリメントには、EPA以外の雑多な油が97%〜84%も含まれている事になります。

EPAは体内でDHAへ変換されますので、非常に酸化しやすいDHAを・・特別に摂取することもないでしょう。

地球上の魚からフィシュオイルのサプリを製造する限り、ダイオキシンなどの微量成分はメーカーによっては違う場合もありますが、EPA・DHAサプリの雑多な油の成分や割合に大きな違いはありません。誤った情報に惑わされないようにしましょう。

教訓: “健康にいい油”と言われている「植物油」「魚油」の成分は・・・生の素材からいただくべし・・決して・・“油”にしていただいてはいけません。生の素材でも・・“過ぎたるは及ばざるがごとし”である事はご承知下さい。

プラークを100%改善させる方法を編み出すには、プラークを悪化させる多くの食品を・・一つずつ・・探し出す必要があります。
先入観・医学常識・医学的理屈を捨てて、プラークの増減(1/100mmの精度で)と人間の経口摂取物を一つ一つ検証していく作業が必要なのです・・まさしく・・未知との遭遇です・・まだ・・完成には何年もかかります。 “事実は小説よりも奇なり”

対策:
フィッシュオイル、EPA・DHA含有サプリを1年以上も服用していた(いる)方は・・なるべく早く・・頸動脈エコーだけでも受けましょう・・

ベストは当院の8カ所の血管エコー検査です・・確かに遠方ですが・・真実を知り・・治せるためなら(動脈硬化の未来塾 38) )・・そんなに遠くはないかも・・幸いにも日本国内です。


2016年11月23日記載

「脳梗塞・心筋梗塞の完全予防法」目次へ戻る

Dr.真島康雄のバラの診察室

携帯版のご案内

お知らせ

リンクページ