脳梗塞・心筋梗塞の完全予防法

高齢でも低プラーク

食物の種類で動脈硬化は進行し、改善もする
加齢の影響は少なく、危険因子の関与も少ない。

  • 78歳 女性
  • 食歴:肉は好きではなく、食べても量は少ない。
    甘い物は時々食べる程度。
    野菜は大好き。魚は普通。
    牛乳は毎日1本(180cc)
    卵は週に3個程度。
    エビの天ぷらは好きで、週に2回食べてた。
    から揚げは食べない
    果物は好き。
    主食は“白ごはん” 食習慣点数=257
  • LDL=60
    TG=109
    HDL=60 L/H= 1.0
  • 高血圧+
    糖尿病+
  • コメント:
    動脈硬化の主な原因は、加齢でもなく、塩分でもなく、タバコでもなく、高血圧でもなく、糖尿病でもなく、遺伝でもなく、LDL(small dense LDLを除いて)でもなく、若い頃からの毎日の食習慣なのです。 昔から言われている、“生活習慣病”→“生活習慣で病になる”この正しい真実をビジュアルと数字で表現できました。

「脳梗塞・心筋梗塞の完全予防法」目次へ戻る

Dr.真島康雄のバラの診察室

携帯版のご案内

お知らせ

リンクページ